http://www.nasubm.co.jp/kaitekijyuutaku/
kaitekijyuutaku@nasuinfo.or.jp
▼小冊子読者感想
▼トップページ
▼あなたの家づくりは
     大丈夫か。
▼後悔しない為の家づくり。
▼欠陥住宅を
     作らない為に。
▼短命住宅に
     ならない為に。
▼シックハウスに
     ならない為に。
▼夏・暑い家に
     ならない為に。
▼冬・ヒートショックで
     倒れない為に。
▼長寿命な家
▼快適な家とは
▼やさしい室内環境
▼省エネルギーな家
▼機械に頼りすぎずに
▼快適エコ住宅研究会会員
▼工務店会員募集
▼イベント/セミナー情報
▼お問い合わせ
▼小冊子申込みフォーム
▼リンク
ご連絡先
TEL: 0287-45-0285
FAX: 0287-45-0285
マップ【詳細概略

機器に頼りすぎずに快適に過ごす。

 最近は、職場でも自宅や車にもエアコンが当たり前に使われています。機械の便利さに慣れきって、自然の力を利用することを忘れてしまった人が多いと思います。
 夏エアコンを付けて冷房するときも22℃など冷やしすぎの職場がたくさんあるようです。
 スカートの女性は、冷気が下にたまるために冷えすぎで体調を崩す人が非常に多くなっています。人間は汗をかいて体温を調節しています。梅雨どきは、気温がそれほど高くなくても蒸し暑く感じて不快指数が高くなります。これは、湿度が高い為に汗が蒸発してくれず肌にまとわりつくためです。汗が蒸発するときに体から気化熱をうばってくれる為に体温の上昇を押さえられますが、汗が蒸発しないと体温があがってしまい暑く感じます。昔から、うちわで体に風を送ると涼しく感じる事を知っていました。また扇風機で風を送っていました。エアコンで冷やしすぎに注意し27℃〜28℃を目安にして生活するよう心がけましょう。ネクタイをはずしシャツのボタンをはずすだけで2℃は、体感温度がさがるといわれています。自然の力をうまく使って快適に過ごしましょう。
 冬の暖房温度は、20℃で快適です。(24時間暖房の場合)体温は、36℃程度ですから室内で風を感じると体温が奪われて寒さを感じてしまいます。冬は、夏と逆の効果になります。